金魚のまち長洲町

歴史と文化

   観光TOP  >  歴史と文化
全19件 (11~19件)
44_8_pp1_Y37LPM66.jpg 救難隊並びに遭難者の碑


明治28年旧暦6月3日、22名の漁民が出漁していました。ところが、突風が吹き出し遭難のおそれがあったために、7名の若者…
44_9_pp1_4SKGDYY6.jpg 関文書


関保久さんから寄贈されたもので、江戸時代末期の文政年間から明治初期の70年余りの行政資料と手記です。

44_10_pp1_BQ313IMC.jpg 立花宗茂公夫人の墓(ぼたもちさん)


柳川11万石藩主・立花宗茂の夫人、誾千代の墓です。宗茂が関ヶ原の戦いで西軍に味方し敗れた後、加藤清正に庇護されて高瀬に一…
44_12_pp1_X2KS6BCC.jpg 長洲嫁入り唄


この『嫁入り唄』は「のんしこら」の唄名で民謡界では熊本民謡として、全国的に知られています。 もともとは「肥後の嫁入り唄」…
44_13_pp1_YUNKYZB8.jpg 名石宮神楽


明治18年、玉名市の玉名大神宮から伝えられたものと言われています。昭和8年に神楽創立50年祭の記念碑が建てられています…
44_14_pp1_HMQMC66J.jpg 折地カイカイ人形


 一説には、江戸時代にこの地区で行われた雨乞い踊りとも言われていますがはっきりとは分かりません。人形が人間をおんぶして踊…
44_15_pp1_H7LASUY5.jpg 腹赤天満宮の楽、神楽


天満宮の楽は、いつ頃から始まったか分かりませんが、その歴史は古く、笛、太鼓、三味線で奏されます。神楽は鬼神さんで有名で…
44_21_pp1_2YX11SR3.jpg 明徳碑


 南北朝時代の明徳2年(1391年)に建てられたもので、明徳碑と呼んでいます。台石の上に4個の石が積まれており、下から2…
44_16_pp1_CEMQ2I3S.jpg 清源寺天満宮の神楽


この神楽は、明治18年(1885年)玉名市迫間から上沖洲の名石宮に伝わり、それが清源寺天満宮に伝えられたといわれていま…
←前へ   1   2
 TOP