金魚のまち長洲町

歴史と文化

   観光TOP  >  歴史と文化  >  御腰の石

御腰の石

44_5_pp1_LPLQWA61.jpg

景行天皇がクマソとの戦い後、八代-島原を経て長渚ノ浜に着かれ、深田浦でお休みになり、腰を掛けられたという言い伝えがあります。しかし、この石は室町時代の末期に建てられた逆修碑で、正面に地蔵菩薩が彫ってあり、周陽という仏師の作です。


最終更新日 [2009年12月9日]  
この情報に関するお問い合わせは
生涯学習課社会教育文化係
電話:0968-78-0053
ファックス:0968-78-0345
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る TOP