総合トップへ

まちの話題

   ホーム  >  まちの話題  >  司書の仕事を初体験!~小学生一日司書体験~

司書の仕事を初体験!~小学生一日司書体験~

1  8月22日(火)、長洲町図書館で小学生の一日司書体験を行いました。これは、町内の小学生を対象に図書館サービスを体験することで、司書の仕事を知り、もっと本への興味、関心を持ってもらおうというもので、今年も4つの小学校から各2名合計8名の児童が参加しました。子どもたちは、まず始めに図書館長から委嘱状を受け取ると司書から図書館の仕事の説明、館内の案内、カウンター業務(本の貸出・返却)の仕方を教えてもらい、実際に体験しました。午後からは、本のカバーかけや修理の仕方などを教わりました。また、この日は、小学校への配本もあり、子どもたちも一緒に行いました。子どもたちは、「司書さんの仕事がこんなにあるとは思いませんでした。一日中忙しくて大変だなあと思いました。」「将来、司書の仕事をやってみたいと思いました。」など感想を寄せてくれました。
 
一日司書体験~ぼくたち、わたしたちこんなに頑張りました。~
  
委嘱状交付、さあ一日がんばるぞ! 図書館の仕事の説明。難しい用語が出てきました。(むずかしい。(:_;))


  
お客さんに貸出しの受付を体験、緊張したけれど、バーコードを読み取るのは楽しかったです。
  
配架の説明、どの分類の本をどこに片付ければいいのか教えてもらいました。探すのが大変でした。

 
返却された本をきれいに拭いて、破れたり汚れたりしていないか確認をします。これも次に借りるお客さんが気持ちよく読むためにとても大切な仕事です。
長洲町図書館が行っているサービス「配本事業」です。いつも読んでいる本がこうやって届けられているなんて知りませんでした。たくさんの本を学校に持ってきてくれてありがとうございます。

《子どもたちの感想》
・思ったよりきつくて目がつかれる仕事でした。
・おぼえることがたくさんあって大変でした。
・もし、中学校の職場体験で図書館に来たら、もっと早く仕事ができればいいなと思いました。
・利用者の方が笑顔で借りたり、返却してくださるのでとってもいいなあと思いました。
・最初、司書は本の貸出・返却、本を並べるなどの仕事しかないと思っていました。しかし、この体験を通して本当はもっと たくさんの仕事があることがわかりました。毎日、この仕事を続けている司書さんってすごいなと思いました。

 小学生のみなさん、お疲れ様でした。これからも本をたくさん読んで、長洲町図書館を利用して下さいね。



最終更新日 [2017年8月24日]  
この情報に関するお問い合わせは
生涯学習課社会教育文化係
電話:0968-78-0053
ファックス:0968-78-0345
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム