総合トップへ

まちの話題

   ホーム  >  まちの話題  >  「世界ライオンズデー」中学生に薬物乱用防止を呼びかける

「世界ライオンズデー」中学生に薬物乱用防止を呼びかける

58_970_pp1_W146I2ME.jpg

 長洲有明ライオンズクラブ(中村正一郎会長)は10月8日、町内と荒尾市の中学校で薬物乱用防止キャンペーンを行いました。現在、危険ドラッグと呼ばれる薬物は簡単に入手できてしまい、思っている以上に薬物は身近に存在しています。これは、そんな薬物の危険性を知ってもらい、乱用を防ごうと、「世界ライオンズデー」にあわせて毎年行われているキャンペーンです。 

【通学する生徒に呼びかけながらチラシを配布】

 この日は、同クラブ会員のほか、町青少年育成町民会議会員、中学校の生徒会など約20人が、通学する生徒に薬物乱用防止の書かれたチラシを配布し薬物の危険性を呼びかけました。

 
最終更新日 [2014年10月9日]  
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム