金魚のまち長洲町

歴史と文化

   観光TOP  >  歴史と文化  >  古庄文書

古庄文書

古庄文書  この古庄文書(ふるしょうもんじょ)安土桃山(豊臣)時代・江戸時代初期の旧腹赤村の検地帳及び江戸後期の庄屋文書等になります。特に天正の検地帳は肥後国人一揆後の天正十六年(一五八八年)に実施された公検地の検地帳と考えられ、後に行なわれた加藤清正による、天正検地、慶長検地にも踏襲された本帳であると思われます。
 またこの文書には柳川より一人の女性が腹赤の阿弥陀寺を訪れ、その後亡くなられたとの記述があり、この女性が立花誾千代(ぼたもちさん)のことではないかと言われています。
最終更新日 [2016年10月24日]  
この情報に関するお問い合わせは
生涯学習課社会教育文化係
電話:0968-78-0053
ファックス:0968-78-0345
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る TOP