総合トップへ

選挙・審議会等

   ホーム  >  選挙・審議会等  >  衆議院小選挙区の区割りの改定等について

衆議院小選挙区の区割りの改定等について

最終更新日 [2017年7月18日]  

 衆議院議員総選挙における1票の較差是正のため公職選挙法が改正され、全国19都道府県97選挙区で区割りが改定されました。

 平成29年7月16日(施行日)以後に公示される衆議院議員総選挙では、下記の区割りで選挙が行われます。


【改正内容の概要】


【熊本県の選挙区】
 熊本県は選挙区の数の減少(5区から4区へ)に伴い、次のとおり選挙区の区割りが改定されました。
 〇第1区:熊本市(中央区、東区、北区)
 〇第2区:熊本市(西区、南区)、荒尾市、玉名市、玉名郡
 〇第3区:山鹿市、菊池市、阿蘇市、合志市、菊池郡、阿蘇郡、上益城郡
 〇第4区:八代市、人吉市、水俣市、天草市、宇土市、上天草市、宇城市、下益城郡、
       八代郡、葦北郡、球磨郡、天草郡



【リンク】



この情報に関するお問い合わせは
選挙管理委員会
電話:0968-78-3111(代表)
ファックス:0968-78-1092
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム