総合トップへ

緊急情報

   ホーム  >  緊急情報

 弾道ミサイル落下時の行動について

最終更新日時 [2017年7月4日 8時5分]

【北朝鮮からの弾道ミサイルの落下時の行動について】
  ○弾道ミサイルは、発射から極めて短時間で着弾します。
  ○ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、Jアラート
   を活用して防災行政無線で特別なサイレン音とともにメッ
   セージを流すほか、緊急速報メール等により緊急情報をお
   知らせします。

【メッセージが流れたら、直ちに以下の行動をとってください】
 《屋外にいる場合》
  ○近くのできるだけ頑丈な建物や地下街などに避難する。
  ○近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか地面に
   伏せ頭部を守る。

 《屋内にいる場合》
  ○できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動する。

 ~行政からの指示に従って、落ち着いて行動してください~

 詳細については、国民保護ポータルサイト(http://www.kokuminhogo.go.jp/)をご覧ください。

お問い合わせ先総務課防災交通係
電話0968-78-3104
ファックス0968-78-1092

 エリアメール・緊急情報メールを受信できるかの確認について

最終更新日時 [2017年7月4日 8時4分]

 弾道ミサイル情報等の国民保護情報については、現在、エリアメール・緊急速報メールにより携帯電話・スマートフォンに配信されています。
 しかし、一部の携帯電話・スマートフォンにはエリアメール・緊急速報メールを受信できないものがあります。
 下記の方法により、お手持ちの携帯電話・スマートフォンが受信できるかどうかの確認をお願いします。

(1)携帯大手事業者の場合
 以下のURLから対応機種の確認をされてください

 NTTドコモ
https://www.nttdocomo.co.jp/service/areamail/compatible_model/index.html

 KDDI、沖縄セルラー
http://www.au.kddi.com/mobile/anti-disaster/kinkyu-sokuho/enabled-device/

 ソフトバンク
http://www.softbank.jp/mobile/service/urgent_news/models/

 ワイモバイル
http://www.ymobile.jp/service/urgent_mail/

(2)携帯大手事業者以外の事業者
 iPhone端末については基本的に受信可能です。
 Android端末についても、次のいずれかに該当するものはエリアメール・緊急速報メールを受信することができます。
 ・携帯大手事業者の販売端末を同系列のMVNOで使用する場合(※)
 ・MVNOがエリアメール・緊急速報メール(Jアラーとの配信)の受信機能を確認している場合
  ※携帯大手業者が受信を保証しているものではありません

 詳細については、回線契約をしている事業者にお問い合わせください。

 《留意事項》(1)(2)共通
 国民保護に関する情報は「災害・避難情報」として配信されます。「災害・避難情報」のご利用は、エリアメール・緊急速報メールの受信設定をONにする必要があります(初期設定は、原則ONになっています)。

【受信できない(又は受信できるかわからない)場合の対策】
 (1)民間事業者のスマートフォンアプリ・メールの例
   「Yahoo! 防災速報」があり、スマートフォンアプリや携帯電話のメールにより、弾道ミサイル情報等をヤフー株式会社が無料で提供しています。
   以下のURLからスマートフォンアプリのインストールや、携帯電話のメールアドレスを登録することができます。

  「Yahoo! 防災速報」
  https://emg.yahoo.co.jp/

 (2)地方公共団体の登録制メール
   一部の都道府県及び市町村では事前に登録したスマートフォンと携帯電話のメールアドレスに弾道ミサイル情報等をメールで送信する登録制メールを実施しています。
   熊本県のホームページ、または下記の長洲町のホームページでご確認ください。
   
→「熊本県防災情報メールサービス」 http://www.town.nagasu.lg.jp/life/pub/Detail.aspx?c_id=46&id=802&pg=1&type=list

お問い合わせ先総務課防災交通係
電話0968-78-3104
ファックス0968-78-1092


過去記事検索

全1件
バックナンバー 公開日
台風5号の接近に伴う自主避難所の開設について 2017年8月6日から
2017年8月7日
 ホーム