総合トップへ

くらし・安全

   ホーム  >  くらし・安全  >  下水道の正しい使い方について

下水道の正しい使い方について

最終更新日 [2017年5月1日]  

 下水道には『何でも流せる』わけではありません。正しく使わないと『詰まり』の原因になります。次のことに十分注意して大切に正しくご使用ください。

イラスト1下水道はみんなの施設!大切に使おう。イラスト2

◎ トイレには、トイレットペーパー以外のものは流さないようにしましょう。

 水に溶けにくい紙製品(ティッシュペーパー等)、生理用品、ペットの糞尿、紙おむつ、タバコやガムなどの『水に溶けないもの』を流さないでください。

 

◎ 台所(流し台)には、野菜くずや残飯を流さないようにしましょう。

 野菜くずや残飯などの食べ残しは直接流さず、流しの三角コーナーを使用するなどして捨てるようにしましょう。

 

◎ 天ぷら油やサラダ油の廃油を流さないようにしましょう。

 温度が下がれば油が固まり、下水管や処理場の機能を悪化させます。

 

◎ 台所に接続されている溜めますは定期的に清掃しましょう。

 概ね月に1回程度が目安です。清掃後のくずは飛び散らないようまとめて、燃えるゴミと一緒にして捨ててください。

 

◎ 汚水ますに固形物(土砂や木片)、ビニール類を捨てないようにしましょう。

 詰まりの原因になり、下水管が破損します。

 

※最近特にティッシュや生理用品の詰まりによる排水不良の苦情が目立ちます。
安易に下水道へ流さないようにしてください。

この情報に関するお問い合わせは
下水道課工務係
電話:0968-78-3515(直通)
ファックス:0968-78-1826
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム