総合トップへ

くらし・安全

   ホーム  >  くらし・安全  >  境界の確認について

境界の確認について

最終更新日 [2009年12月24日]  

 

 新しく家を建てるとき、境界がはっきりしないと建築ができない場合があります。
 また、家の新築に伴い、新たにブロック塀を造ったり、石垣を築いたりすることが多いので、後日のトラブルを防ぐためにも、境界の確認は是非行いたいものです。

【手続きについて】

 境界確認をする場合、土地家屋調査士作成による地籍測量図等の書類が必要となります。
 お近くの土地家屋調査士に相談して下さい。(熊本県土地家屋調査士会 電話096-372-5031

 また、境界よって管理する者が異なります。

町道、里道、水路、町管理河川の境界
 長洲町が管理しています。
 役場建設課との境界確認が必要となります。

国道、県道、県管理河川の境界
 県の地域振興局が管理しています。
 玉名地域振興局土木部維持管理課(電話74-2111)との境界確認が必要となります。

 

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム