総合トップへ

くらし・安全

   ホーム  >  くらし・安全  >  消火器の点検・処分について

消火器の点検・処分について

最終更新日 [2009年12月19日]  

 老朽化した消火器の破裂事故が、毎年のように発生し死傷者が出ています。

 

 消火器の耐用年数は8年とされていますが、これはあくまでも目安であり、設置場所や取り扱い次第では数年で容器が腐食したり変形している場合も少なくありません。

 

 このような事故を防止するために、もう一度、ご家庭の消火器を点検してください。

 

 また、老朽化した消火器を放置しておくと、訪問販売業者につけ込まれることも考えられますので注意してください。

 

    【注意!!】

 消火器は、高圧ガスが密閉されているため、不燃ゴミとしての廃棄処分はできません。

 必ず専門の消火器取扱店にご相談ください。(廃棄手数料が必要です)

 

    【管内の消火器取扱店】

   ●(株)ニチゾウテック

    長洲町大字有明1  0968(78)4821 

   ●コダン商店

    荒尾市高浜59-1-101  0968(68)5522

   ●ガレージヨシマル

    荒尾市野原1684  0968(68)0106

   ●(有)中尾商店

    玉名市六田36-14  0968(73)4057

   ●吉野商会

    玉名市三ツ川4960  0968(74)9802

この情報に関するお問い合わせは
総務課防災交通係
電話:0968-78-3104
ファックス:0968-78-1092
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム