総合トップへ

妊娠・出産・育児

   ホーム  >  妊娠・出産・育児  >  ひとり親家庭等医療費助成

ひとり親家庭等医療費助成

最終更新日 [2017年12月11日]  

母子・父子家庭の親子や、父母がいない児童の健康を保ち生活の安定を図るため、医療費でかかった一部負担金の一部を助成します。

 

■対象者

 ・長洲町に住所がある方

 ・健康保険に加入している方 

 ・生活保護を受けていない方

 ・次のいずれかに該当子どもを扶養しているひとり親家庭の父または母

   父母が離婚した子ども

   父または母が死亡した子ども

   父または母が法令で定める程度の障がいの状態にある子ども

   父または母の生死が明らかでない子ども

   父または母から1年以上遺棄されている子ども

   父または母が1年以上拘禁されている子ども 

        父また母が海外にあるため扶養を受けることができない児童   母が婚姻によらないで懐胎した子ども

 

助成内容

 

 ・保険治療にかかる一部負担金・調剤一部負担金の3分の2を助成します。(なお、健康保険から高額医療費、一部負担還元金、家族療養附加給付金または公的補助があるときは、その額を併せて差し引きして助成します。)

 ・所得額により助成を停止する場合があります。(児童扶養手当法に規定する所得額以上の場合)

 ・所得制限については、毎年8月に前年の所得額によって更新の手続きを行っています。

(下記表参照)

  扶養親族等の数   所得制限限度額     本人      所得制限限度額  配偶者及び扶養義務者

0人

1,920,000

2,360,000

1人

2,300,000

2,740,000

2人

2,680,000

3,120,000

3人

3,060,000

3,500,000

 

■受給資格証の交付申請に必要なもの

 ・戸籍謄本・・・申請者(父・母・養育者)と対象児童のもの

   ※申請者と対象児童の戸籍が別の場合は、各1通

   ※離婚の場合は、父または母の戸籍に離婚日の記載があるものも必要

   ※申請者が養育者の場合は、対象児童の父母の戸籍または除籍も必要

 ・健康保険証・・・申請者と対象児童のもの

 ・印鑑(朱肉を使うもの。スタンプ印は不可)

 ・預金口座の通帳・・・申請者名義のもの

 ・遺族年金・障害年金等を受給の方は公的年金証書

 ・所得課税証明書・・・転入等により、長洲町に課税情報がない人のみに必要

 

■助成の申請に必要なもの

 病院の領収書のほか、次のものを持参ください。

  ・申請書(エクセル)

  ・印鑑(スタンプ印は不可)

  ・受給資格証

  ※上記以外のものが必要となる場合があります。 

この情報に関するお問い合わせは
子育て支援課子育て支援係
電話:0968-78-3126
ファックス:0968-78-3449
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム