総合トップへ

保険・年金

   ホーム  >  保険・年金  >  国民年金を受給している人が亡くなったら

国民年金を受給している人が亡くなったら

最終更新日 [2010年5月26日]  

  

 国民年金を受給している方が亡くなった場合、年金は死亡した月の分まで支払われます。
 死亡日によっては支払われるはずであった年金が残ることがあり、その場合は所定の手続きをして頂くと、遺族にその分の年金(未支給年金)が支払われます。

 

◆遺族の範囲

  (1)配偶者

  (2)子
  (3)父母
  (4)孫
  (5)祖父母
  (6)兄弟姉妹

 基本的に同居していることが前提となりますが、同居してない遺族からの請求の場合は、生計同一証明が必要になります。

 

◆請求に必要なもの

  1. 死亡した人の年金証書 (年金証書が見つからない場合はその事由書)
  2. 請求者の預金通帳、又は貯金通帳、キャッシュカード
  3. 印鑑(みとめ印で可)
  4. 住民票謄本(死亡した人の続柄が記載された世帯全員のもの・別世帯であれば死亡した人と請求者それぞれ1部ずつ)
  5. 戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)(死亡した人と請求者の身分関係が確認できるもの)→本籍地の市区町村で発行
  6. 生計同一証明(同一世帯の場合は不要)

 

◆書類提出先

 書類の提出先は、亡くなった人が受給していた年金の種類によって異なります。

 国民年金だけを受給されていた方の場合、書類の提出先は長洲町住民環境課になります。
 それ以外の年金を受給されていた方の場合は、玉名年金事務所(電話:0968-74-1638)にお問合せください。

 

 日本年金機構のホームページも併せてご参照ください。

この情報に関するお問い合わせは
住民環境課戸籍住民係
電話:0968-78-3116
ファックス:0968-78-3449
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム