総合トップへ

保険・年金

   ホーム  >  保険・年金  >  医療健康保険制度とは

医療健康保険制度とは

最終更新日 [2009年12月19日]  

 医療保険制度は、もしものときの病気やけがの治療による経済的負担を軽減するため、負担能力に応じた保険料を出し合い、治療費に充てる相互扶助(助け合い)の精神をもとにした制度です。

◆国民皆保険制度

 国内に住所のある方は、すべて何らかの公的な医療保険に加入しなければなりません。

 これを国民皆保険制度といいます。

 公的な医療保険とは、次の保険のことです。

公的な医療保険(主なもの) 加入者

国民健康保険(国保)

自営業者、会社を退職された方など

政府管掌健康保険
組合管掌健康保険

会社員の方など

国民健康保険組合

医師、歯科医師、食品業
建設業関係の方など

各種共済組合など

公務員、私立学校教職員の方など

船員保険

船員の方など

 ※民間の生命保険や医療保険に加入していても、公的な医療保険に必ず加入しなければなりません。

◆国民健康保険に加入しなければならない方

 長洲町内にお住まいの方(※)で、自営業の方や会社を退職した方など、職場の健康保険の適用を受けない方は、国民健康保険に加入しなければなりません(生活保護を受けている方は除きます)。

 なお、国民健康保険に加入していた方が、職場の健康保険の適用を受けるようになったときは、国民健康保険から抜けることになります。

※ 外国人で1年以上の在留期間を有し、長洲町に外国人登録を行っている方も含みます。

   ○国民健康保険税についてはこちら

◆75歳になったら、後期高齢者医療制度に変わります。

 75歳の誕生日からは、後期高齢者医療制度の被保険者に切り替わります。

 75歳の誕生日からは、事前にお渡しする後期高齢者医療制度の新しい保険証を使用してください。


※ 一定の障害がある65歳から74歳の方も、後期高齢者医療制度の被保険者に切り替えることができます。

※年齢到達以外における後期高齢者医療保険制度への変更申請は事前にご相談されることをお勧めいたします。

    一定の障害とは・・・国民年金法等障害年金:1・2級 

                身体障害者手帳:1・2・3級及び4級の一部

                精神障害者手帳:1・2級

               療育手帳:A

   適用年月日・・・・ 認定を受けた日から

この情報に関するお問い合わせは
福祉保健介護課国保医療係
電話:0968-78-3139
ファックス:0968-78-3449
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム