総合トップへ

医療・健康づくり

   ホーム  >  医療・健康づくり  >  ダニ媒介性疾患に注意!

ダニ媒介性疾患に注意!

最終更新日 [2015年4月9日]  

~春から秋にかけ、マダニの活動が活発になります~

 

【ダニ媒介性疾患の予防対策】
(1)マダニに咬まれないことが重要です。
(2)森林や草地などマダニが多く生息する場所に入る場合には、長袖、長ズボン、足を完全に覆う靴などを着用し、肌の露出を少なくすること。DEET(虫よけ剤の成分)を含む虫よけスプレーも有効です。
(3)屋外活動後はマダニに咬まれていないか確認すること。
(4)吸血中のマダニに気がついた際は、速やかに病院で処置すること。
(5)マダニに咬まれた後に発熱等の症状があった場合は、病院へ受診すること。
※マダニは、衣類や寝具に発生するヒョウダニなど家庭内に生息するダニと異なります。

 

くわしくはこちらをご覧ください。

この情報に関するお問い合わせは
福祉保健介護課保健センター(すこやか館)
電話:0968-65-7515、0968-78-7171
ファックス:0968-65-7510
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム