総合トップへ

医療・健康づくり

   ホーム  >  医療・健康づくり  >  げんきの館で認知症予防の料理教室を行っています

げんきの館で認知症予防の料理教室を行っています

最終更新日 [2017年1月27日]  

 

 げんきの館では毎月第3水曜日の10時から13時に「認知症予防の料理教室」を行っています。

これは、長洲町食生活改善推進員(食改)が中心となって行っている料理教室で、料理をすることで脳を活性化させ、また栄養バランスのよい食事を学ぶことで、生活習慣病や認知症を予防しようというものです。

 

【最近の料理教室レシピ】

10月:ごはん、揚げ出し豆腐、かぼちゃの煮物、山盛りキャベツの豚汁

11月:炊き込みご飯、春雨の酢の物、お吸い物、黒糖まんじゅう

   (黒糖まんじゅうも食改さんに教わりながら生地から作りました!)

12月:ごはん、鶏の治部煮、たたきごぼう、大根と枝豆のそぼろ汁

 

長洲町保健センターの保健師や管理栄養士からの健康に関する講話等もありますので、興味のある方は下記までご連絡ください。

 

 

 

 

この情報に関するお問い合わせは
福祉保健介護課保健センター(すこやか館)
電話:0968-65-7515、0968-78-7171
ファックス:0968-65-7510
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム