総合トップへ

環境

   ホーム  >  環境  >  六栄小学校で『ごみ博士を目指して』環境特別学習の開催

六栄小学校で『ごみ博士を目指して』環境特別学習の開催

最終更新日 [2016年7月15日]  

▲クイズ形式での質問に子どもたちも元気に手をあげています。

平成28年7月15日(金)、六栄小学校(校長:根本まり子)では、4年生1・2組の48名の子どもたちが、環境特別学習として『ごみ博士を目指して』の学習会が行われました。

 この日の学習会は、一般社団法人・熊本県産業資源循環協会青年部会(部会長:野原浩史)によるもので、講師に飯田俊之さん((株)那須商会)を迎え、ごみについていろいろと勉強するものです。学習会では、ごみのポイ捨、長洲町のごみの現状、ごみの分別体験などを行いました。このほか屋外に出て、ごみ収集車(パッカー車)へのごみ積み込み体験や収集車の構造について説明を受けました。

 最後に、子どもたちは、今回、学習会で学んだことで「自分にできること・今後頑張れること」を、各自おもいおもいに書き出して発表を行いました。講師の飯田さんからは、「今日学んだ事を家の人にも教えてあげて、分別をしっかりして、きれいな町にしましようと」結びの言葉がありました。

▲ごみ収集車(パッカー車)についての説明をうける。

 

 

 

 

 

 

                     

 

 

 

       

 

 

 

 

 

▲今回協力をいただいた一般社団法人 熊本県産業資源循環協会青年部会の皆さんです。

 

                                                                               

                                      

この情報に関するお問い合わせは
住民環境課環境対策推進係
電話:0968-78-3122
ファックス:0968-78-3449
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム