総合トップへ

環境

   ホーム  >  環境  >  『事業系ごみ』の「内容検査」を実施しています

『事業系ごみ』の「内容検査」を実施しています

最終更新日 [2017年11月21日]  

  事業系ごみの適正排出・減量化にご協力ください!!

◆「事業系ごみ」が増えています!

  近年、事業所から排出される「事業系ごみ」の量が増えています。

 事業所の皆さん、事業系ごみの適正排出・減量化にご協力をお願いします。

□事業系ごみ量の推移(単位:トン)

区    分

H24年度

H25年度

H26年度

H27年度

H28年度

家庭系ごみ

3,539 3,496 3,485 3,393 3,324

事業系ごみ

701 788 680 851 877

その他ごみ

17 12 9 29 14

合    計

4,257 4,296 4,174 4,273 4,215

 

◆『事業系ごみ』の内容検査を実施しています!     

 事業系ごみの減量化に向けた取組みを強化するため、長洲町では事業系ごみについて、許可業者によってクリーンパークファイブに搬入される、事業系ごみの内容検査を実施しています。

(1)  検査方法

 事業系ごみの収集運搬許可業者が収集した「事業系ごみ」を、クリーンパークファイブ焼却施設内のごみピット前に広げ、新聞・雑誌・ダンボール・その他紙類などのリサイクル可能な紙類などの「資源物」や金属・ガラス類の混入物、「産業廃棄物」などについて、町職員と施設職員による混入物の内容検査を行っています。


  

■平成29年10月25日及び31日に実施した内容検査の風景。職員が手作業で、搬入された事業系ごみの内容物を検査しています。

 

(2)検査結果 資源物・産業廃棄物の混入状況(検査結果)

 ○資源物(まだまだリサイクルがで出来る品目です)


 

 

◆ダンボール

 (リサイクルが出来る紙類です。)

  ⇒資源回収業者に出して、リサイクル・減量化しましょう。


 

 

◆雑がみ

 (リサイクルが出来る紙類です。)

 ⇒資源回収業者に出して、リサイクル・減量化しましょう。


 

○不燃物・金属類(焼却処理ができません)

 

 

 

◆蛍光管・ガラス類

 (焼却処理ができません)

 ⇒不燃物として処理施設に出しましょう。

 

 

 

 

 

 

◆金属類

  (焼却処理ができません)

  ⇒金属類として処理施設に出しましょう。

 

 

 

 

この情報に関するお問い合わせは
住民環境課環境対策推進係
電話:0968-78-3122
ファックス:0968-78-3449
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム