総合トップへ

環境

   ホーム  >  環境  >  ペットを飼っている人・飼う人へ!

ペットを飼っている人・飼う人へ!

最終更新日 [2015年5月28日]  

 

 近所など周囲の人に迷惑をかけることなく、楽しく快適にペットと暮らすために、しつけは欠かせません。
 命ある動物の飼い主として、愛情と責任を持って最後まで飼いましょう。

 動物による感染症について正しい知識を持ち、名札などをつけることにより所有者を明らかにするよう努めま
しょう。



      
~~今、飼い主のモラルが問われています!~~
                       ~犬やねこを飼っている皆さんへ~

● 
捨てないで最後まで責任を持って飼いましょう!
   捨てられた犬やねこは、野良犬・野良ねことなり、不幸な一生を送ることになります。

犬やねこも家族の一員 として終生飼いましょう。
 

 
 犬やねこを捨てることは犯罪行為です。法律により処罰50万円以下の罰金)され

  ます。

● フン
の始末は、飼い主の責任です!
   犬やねこのフンにより道路や公園の砂場などが汚染されています。
   散歩に行くときは、フンの始末ができるものを持参し、責任を持ってきちん
と処理しま

しょう。

● 
犬の放し飼いはやめましょう!

   放し飼いの犬による咬傷事故が発生しています。散歩のときや夜もきちんと
つないで

飼いましょう。 小さい犬でも、放し飼いをすると、子どもなどが恐がり、事故のもとになり

ます。

  ※ 放し飼いは「熊本県動物愛護及び管理に関する条例」により禁止されおり、違反し

 た場合は罰則(3万円以下の罰金若しくは科料)が科せられます。

 飼い犬が居なくなった場合は、有明保健所にご連絡ください。

                                  (有明保健所:電話72-2184)

 

● 習性等を理解して正しく飼いましょう!
   犬やねこ、それぞれの習性や行動をよく知り、十分な運動や清潔さを保ち、ストレス

     がたまらないようにしましょう。

● 
生後91日以上の犬の飼い主は、生涯1回の登録と毎年1回の狂犬病予防注射を受け

 させましょう!
   現在、日本での狂犬病の発生はありません。しかし、海外では依然として発生し、多く

  の尊い人命が失われている恐ろしい病気です。
   外国との交流がますます盛んになっています。いつ狂犬病が日本に侵入しないとも限

  りません。
   狂犬病予防注射は、必ず受けさせましょう。

 

この情報に関するお問い合わせは
住民環境課環境対策推進係
電話:0968-78-3122
ファックス:0968-78-3449
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム