総合トップへ

環境

   ホーム  >  環境  >  粗大ごみ・破砕不適物の収集について

粗大ごみ・破砕不適物の収集について

最終更新日 [2011年1月31日]  

 粗大ごみの収集日には、次の2種類を収集しています。

  (1)粗大ごみ(可燃性粗大ごみ・不燃性粗大ごみ)

  (2)破砕不適物

 この2種類は、粗大ごみの収集日の午前8時までに、粗大ごみの集積所に出してください。

 

【ご注意ください!!】

 粗大ごみの集積所は、通常の集積所と異なる行政区があります。

 粗大ごみの集積所以外に出された場合は、収集しませんので、ご注意ください。

 詳しくは、各行政区長、若しくは、お問い合わせ先まで、お尋ねください。

 

 分別については、平成22年2月改訂版「家庭ごみの分け方・出し方」の冊子をご参照

ください。(冊子を見ても判断に困った場合は、お問い合わせ先までお尋ねください。)

 

≪破砕不適物とは≫

  ごみ処理施設(クリーンパークファイブ)の破砕機で処理することが困難な物を『破砕不適物』といいます。

  これを区別することで、破砕機の延命化、ごみ処理の効率的で円滑な処理をすることができます。

  例としては、ステンレス製品や銅製品などがありますが、それ以外にもありますので、「家庭ごみの分け方・出し方」の冊子をご参照ください。

この情報に関するお問い合わせは
住民環境課環境対策推進係
電話:0968-78-3122
ファックス:0968-78-3449
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム