総合トップへ

   ホーム  >  ライフイベント [死亡]  >  固定資産の所有者が死亡された場合

固定資産の所有者が死亡された場合

最終更新日 [2013年10月25日]  

固定資産税は、その年の1月1日(この日を賦課期日といいます。)現在の所有者に対して課税されます。そのため、固定資産の所有者がいつ亡くなったかにより、その取扱いが異なります。

 

【所有者が課税年度の賦課期日以後に亡くなった場合】

 賦課期日以後に固定資産の所有者が亡くなった場合は、納税義務を承継した相続人が納税することになります。相続人が複数の場合は、「添付資料 固定資産税納税義務者及び相続人代表者届 」により、納税通知書等の送付先を指定することができます。

 

【所有者が課税年度の賦課期日前に亡くなった場合】

 賦課期日までに相続の登記が完了しているときは、新しい所有者に課税します。

 賦課期日までに相続の登記が完了していないときは、その固定資産については現に所有する者(法定相続人)が連帯して納税義務を負うことになります。法定相続人が複数の場合は、納税通知書を受け取り、代表して税金を納める方を「添付資料 固定資産税納税義務者及び相続人代表者届 」により届け出ていただきますようお願いします。

 

※この「添付資料 固定資産税納税義務者及び相続人代表者届 」は、固定資産税の納税通知書等の

 送付先を指定するもので、法務局(相続登記等)や税務署(相続税等)の手続きとは関係あり

 ません。

 

※未登記の家屋の所有権を移転する場合は「添付資料 未登記建物所有権移転届 」を税務課へ提出

 してください。

 

※死亡された所有者の方が口座振替を利用されていた場合は、口座振替ができなくなります

 ので、新たに口座振替の手続きをしてください。

 

※長洲町に住所のある方が死亡された場合は、後日「固定資産税納税義務者及び相続人代

 表者届」を送付いたします。町外に住所のある方が死亡された場合は、お手数ですが、税務

 課までご連絡ください。届出書を送付いたします。

 

 ◆添付資料 固定資産税納税義務者及び相続人代表者届 新しいウィンドウで表示(PDF:70.1キロバイト)

 

 ◆添付資料 未登記建物所有権移転届 新しいウィンドウで表示(PDF:50.9キロバイト)

 

この情報に関するお問い合わせは
税務課課税係
電話:0968-78-3123
ファックス:0968-78-6995
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム