総合トップへ

   ホーム  >  平成30年度(29年分)住民税・国民健康保険税申告相談~2月16日(金)から~

平成30年度(29年分)住民税・国民健康保険税申告相談~2月16日(金)から~

最終更新日 [2018年1月9日]  

 

平成30年度(平成29年分)住民税・国民健康保険税申告相談を下記のとおり実施します。

 

■相談期間 216日(金)~315日(木)土日を除く

           ◎各日程は下記のとおりです

 

■場所   長洲町中央公民館

 

■相談受付時間 【午前の部】午前9時~11

            【午後の部】午後1時~330

                                        ※受付:午前8時30分~

 

  ◎申告の内容は、平成30年度の住民税の算定、国民健康保険の算定や軽減、所得証明書の発行など、

  町の各種サービスを受けるための資格を判定する資料となるものです。忘れずに申告しましょう。

 

 

 ■申告相談日程

と き

ところ

対 象 者

所得の種類

行 政 区

216日(金)

  19日(月)

 

 

 

 

 

 

年金所得のみ

平原、清源寺、上沖洲、腹赤、腹赤新町

2月20日(火)

  21日(水)

年金所得のみ

折地、赤崎、高田、鷲巣、立野、向野、宮崎、

赤田、葛輪、永方、塩屋、向野北、古城

222日(木)

年金所得のみ

新町、西新町、宮ノ町、松原、新山、宝町

223日(金)

26日(月)

年金所得のみ

磯町、上町、中町、下本、今町、下東、西荒神、東荒神、大明神、

2月27日(火)

年金所得のみ

出町、建浜、駅通、梅田

2月28日(水)

3月2日(金)

全所得

平原、清源寺、上沖洲、腹赤、腹赤新町

3月5日(月)

~7日(水)

全所得

折地、赤崎、高田、鷲巣、立野、向野、宮崎、

赤田、葛輪、永方、塩屋、向野北、古城

3 8日(木)

~12日(月)

全所得

出町、新町、西新町、宮ノ町、松原、新山、

宝町、磯町、上町、中町、下本、今町

3月13日(火)

15日(木)

全所得

下東、西荒神、東荒神、大明神、

建浜、駅通、梅田

 

◎事業所得(営業・農業、不動産など)がある人は、全所得の申告日をご利用ください。

◎都合がつかない場合は、他の行政区の日程で来ていただいても構いません。

 

スムーズな申告にご協力をお願いします

 毎年、申告会場の混雑により、ご迷惑をおかけしています。

 会場の混雑を少しでも避けるため、以下のことについてご協力をお願いします。

 

 (1) 必要な書類は事前に作成しておきましょう。

          医療費控除や収支内訳書、株や土地の譲渡所得、住宅借入金等特別控除などの書類は

     事前に計算、作成し、ご準備ください。

 (2) 書類を整理しておきましょう。

     申告を受けるときには、必要に応じて書類の確認をすることもあります。

     書類は全て整理して持ってきていただくようお願いします。

 

申告に必要なもの

 ◎昨年よりマイナンバーの確認が必要となりました。

  ※詳細については、下記の「★マイナンバーの確認について★」をご覧ください。

 

 (1)印かん(銀行の届出印が必要な場合もあります)

 (2)障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳など

 (3)源泉徴収票(給与所得者および公的年金受給者)

 (4)事業所得(営業、農業、その他事業)などの収支計算をした内訳書

 (5)国民年金保険料、生命保険料や地震(旧長期損害)保険料などの各種控除証明書

 

  ◎医療費控除を受ける場合

   ・医療費などの領収書や証明書

   ・医療保険者などが発行した医療費通知書

   ・高額療養費や保険金などで補てんされた場合は、その金額がわかるもの

 

   以上の書類を事前に準備し、領収書は受診者・病院ごとに整理して計算を済ませたうえで

  申告会場においでください。

 

  ★マイナンバーの確認について★
   昨年の申告からマイナンバーの確認が必要となりました。
来場される前に確認をお願いします。

 
    (1)マイナンバーカード(個人番号カード※写真付)をお持ちの人
      ⇒マイナンバーカードだけで番号確認と身元確認ができます。
    (2)マイナンバーカード(個人番号カード※写真付)をお持ちでない人
      ⇒個人番号通知カードや個人番号記載の住民票による番号確認と、

        運転免許証などの身元確認書類(※)が必要となります。

 

    ※身元確認書類の例としては、運転免許証の他に身体障害者手帳、パスポートなど

      顔写真が付いた官公署発行のものを1点、公的健康保険証など顔写真が付いていない

      官公署発行のものの場合は、2点以上必要となります。


 

申告の必要がない人

 〇年金収入のみの人

 ・65歳未満(昭和28年1月2日以降の生まれ):年金収入額98万円以下の人

 ・65歳以上(昭和28年11日以前の生まれ) :年金収入額148万円以下の人

 

 〇給与収入のみで年末調整が済んでおり、他に収入がない人

 

 〇確定申告書を玉名税務署に提出する人

 

非課税所得(雇用保険の失業給付、遺族年金、障害年金など)のみの人や無収入の人

  受付で簡単な申告をしていただくだけです。申告会場でお気軽にお申し出ください。

 

◆その他

 〇所得税の振替納税をする人は、本人名義の通帳(口座番号の控え)と銀行の届出印を

    持ってきてください。

 

 〇所得の内容によっては、税務署で申告していただくこともあります。

 

◆玉名税務署でも確定申告相談を受け付けます

 ■場所 玉名税務署1階(玉名合同庁舎1階)
 ■開設期間 2月16日(金)~3月15日(木) ※ただし、土・日は除く
 ■受付時間 午前9時~午後4時
  ※申告期限が間近になると、会場が大変混雑し、長時間お待ちいただく場合もあります。

    早めの申告にご協力をお願いします。

  ※還付申告は2月15日以前でも受け付けています。

 

 ◎電話でも確定申告に関する相談ができます
  1月4日(木)から3月15日(木)までの期間、「確定申告電話相談センター」を開設し、

 確定申告に関するご相談に電話でお答えします。

 

 ■問い合わせ 玉名税務署 TEL72-2125 ※自動音声案内に従い「0」を選択してください。

 

◆閉庁日も確定申告相談を受け付けます

  熊本西税務署と東税務署では、次の日程も相談を受け付けています。
 ■実施日     2月18日(日)、2月25日(日)
           午前9時~午後4時
 ■実施場所    ・熊本西税務署
            ・火の国ハイツ
 ■対応内容    (1)確定申告用紙の配布
           (2)申告相談
           (3)確定申告書の収受・納付相談
 ■問い合わせ  熊本西税務署 TEL096-355-1181
           熊本東税務署 TEL096-369-5566

 

◆国税庁ホームページで確定申告書を簡単に作成できます

 国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」では、画面案内に従って金額などを入力することで、正確な所得税および復興特別所得税、消費税および地方消費税、贈与税の確定申告書などを作成することができます。
 初めての人でも操作がしやすい申告書作成画面も設けていますので、ぜひご利用ください。
 作成した確定申告書などは印刷して所轄税務署へ郵送などにより提出することができるほか、電子申告(e‐Tax)により確定申告を行うこともできます。

 なお、e-Taxの利用開始のための手続き、e-Taxソフト、確定申告書等作成コーナーおよびその利用のためのパソコン操作などに関する問い合わせ専門窓口を設置しています。


 ■問い合わせ e-Tax・作成コーナーヘルプデスク TEL0570-01-5901

 

◆障害者控除対象者認定書を交付します

  障害者控除対象者認定書の交付を受けると、住民税、所得税申告時に所得控除の対象となります。
 ■交付対象者
  65歳以上の要介護認定者で、認定書交付基準に該当する人
 ■申請できる人

  本人または家族
 ※代理人による申請の場合は委任状が必要になります。
 ■必要なもの 印かん
 ※申請者と対象者が異なるときには両方の印かんが必要になります。

 ■申し込み・問い合わせ  福祉保健介護課 介護保険係 TEL78-3144


この情報に関するお問い合わせは
税務課課税係
電話:0968-78-3123
ファックス:0968-78-6995
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 ホーム