総合トップへ

保険・年金

   ホーム  >  ライフイベント [高齢者・介護]  >  介護保険料について

介護保険料について

最終更新日 [2016年2月22日]  

平成27年度から介護保険料が変わります

 誰もが最期まで健康でありたいと願っていますが、「加齢や病気などによる寝たきり」や「認知症」などで介護が必要となったとき、介護をする家族の経済・体力・心の負担を軽くし、みんなで支えあうため生まれたのが「介護保険」です。

 

介護保険料は、将来3か年(平成27年度から平成29年度まで)の介護サービス給付額の見込から、65歳以上の被保険者の保険料でまかなうべき額を計算して算定されます。

今後も65歳以上の高齢者数の増加や長寿化など、介護サービスを利用する人の増加が見込まれるため、次のとおり変更されます。ご理解とご協力をお願いします。

 

所 得 段 階

保険料率

年額保険料

1段階

○生活保護を受けている人

○世帯全員が住民税非課税で、年金収入等が80万円以下の人

基準額

×0.45

31,320

2段階

○世帯全員が住民税非課税で、年金収入等が80万円超120万円以下の人

基準額

×0.75

52,200

3段階

○世帯全員が住民税非課税で、年金収入等が120万円超の人

基準額

×0.75

52,200

4段階

○世帯の誰かに住民税が課税されているが、本人は住民税非課税で年金収入等が80万円以下の人

基準額

×0.90

62,640

5段階

○世帯の誰かに住民税が課税されているが、本人は住民税非課税で年金収入等が80万円超の人

基準額

69,600

6段階

○本人が住民税課税で、合計所得金額が120万円未満の人

基準額

×1.20

83,520

7段階

○本人が住民税課税で、合計所得金額が120万円以上190万円未満の人

基準額

×1.30

90,480

8段階

○本人が住民税課税で、合計所得金額が190万円以上290万円未満の人

基準額

×1.50

104,400

9段階

○本人が住民税課税で、合計所得金額が290万円以上の人

基準額

×1.70

118,320

 
 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム