総合トップへ

福祉

   ホーム  >  ライフイベント [病気・事故]  >  育成医療(自立支援医療)

育成医療(自立支援医療)

最終更新日 [2015年2月13日]  

  自立支援医療(育成医療)とは身体に障がいのある児童で、その障がいを除去または軽

 減し生活能力を得るための治療を指定医療機関で受ける場合、その治療に要する医療の給付を行います。

  この医療の給付を受ける場合の自己負担額は、原則、医療費の1割負担になります。

  ただし、世帯の市町村民税額によって、自己負担額の上限額があります。

 

■ 給付の対象

 【対象者】

   身体上の障害のある、または現存する疾患を放置すると将来障害を残すおそれのある

   18歳未満の児童(※身体障害者手帳を保持している児童に限らない)。

  【対象となる障がい】

   肢体不自由、視覚障害、聴覚・平衡機能障害、音声・言語・そしゃく機能障害、内臓機能

    障害(心臓、腎臓、小腸、肝臓、その他)、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害

■申請に必要な書類など

  1. 申請書 (役場福祉係窓口にあります)
  2. 診断書 (指定様式)
  3. 健康保険証
  4. 印鑑 (スタンプ印不可)
  5. 収入額の分かるもの(課税証明書など)

 

 

この情報に関するお問い合わせは
福祉保健介護課福祉係
電話:0968-78-3135
ファックス:0968-78-3449
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム