総合トップへ

産業

   ホーム  >  農地利用最適化推進委員の募集期間を延長(5回目)します

農地利用最適化推進委員の募集期間を延長(5回目)します

最終更新日 [2017年8月6日]  

農地利用最適化推進委員の募集期間の延長について
  •  農地利用最適化推進委員の募集を平成29年5月8日から平成29年7月31日までの間で行ったところですが、 腹赤地区及び六栄地区につきましては定数に満たなかったため募集期間を延長(5回目)します。
  •   

    【募集期間】

    平成29年5月8日(月)から平成29年8月21日(月)まで必着です。

               (延長前は平成29年7月31日(月)まで)

      

     農業委員会等に関する法律改正で、新たに農業委員会が委嘱する農地利用最適化推進委員が新設されましたので、農地利用最適化推進委員の推薦、募集します。


  • 【業務内容】
  •    ●農地利用最適化推進委員

      ・担当する区域で、農業委員と連携・協力し、農地等の利用の最適化(農地利用の集積 ・集

        約化、遊休農地の発生防止・解消、新規参入の促進)の推進に伴う農地利用状況調査・意

        向調査等の現場活動

      ・上記活動を実施・推進のため、地域での話合いや農業委員会の会議への出席


      【募集人数】  

       ●農地利用最適化推進委員  6人

        ※農地利用最適化推進委員が担当する地区及び募集人数

        ・腹赤地区 3人

         (担当行政区:平原、清源寺、上沖洲、腹赤、腹赤新町)

        ・六栄地区 3人

         (担当行政区:折地、赤崎、高田、鷲巣、立野、向野、宮崎、赤田、葛輪、永方、

                                         塩屋、向野北、古城)

        

      【任期】

       ●農地利用最適化推進委員  農業委員会が委嘱する日から平成32年10月30日

         

      【報酬】

       ●農地利用最適化推進委員

        年額150,000円に活動及び成果に応じて予算の範囲内で町長が定める額を加えた額


      【応募資格】  

       農業に関する識見を有し、農地などの利用の最適化の推進に関する事項その他の農業

       委員会の所掌に属する事項に関しその職務を適切に行うことができる人。

       ただし、次のいずれかに該当する人は推薦、応募できません

              (1)破産手続き開始の決定を受けて復権を得ない人

              (2)禁錮以上の刑に処さられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなく

                   なるまでの人

              (3)農業委員又は農地利用最適化推進委員と兼職を禁止されている職にある人

              (4)長洲町暴力団排除条例第2条に規定する暴力団員又は暴力団関係者でない人

      

          【選任方法】

       ●農地利用最適化推進委員
        推薦を受けた人、応募した人の中から関係法令などに基づき候補者を決定し、農業委

        員会が委嘱します。


     【応募方法】

       所定の様式(個人推薦・団体推薦・応募(自薦)のいずれかに必要事項を記載し、郵送か

       持参してください。持参の場合は町役場開庁日の午前8時30分から午後5時15分まで  

       ●農地利用最適化推進委員

      

           【注意事項】

       ・推薦又は応募いただいても、必ず候補者に決定されるわけではありません

       ・法律の規定などにより、推薦、応募内容の住所、電話番号などを除き公表されます。

    この情報に関するお問い合わせは
    農業委員会
    電話:0968-78-3272
    ファックス:0968-78-1092
    ※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
     「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
    アドビリーダーダウンロードボタン
    (新しいウィンドウで表示)
     ホーム